株式会社アリアケ

【兵庫県芦屋市】緑化事業・土壌改良・環境保全の株式会社アリアケ|
ビースター・ダイトサイザーなど環境に優しい商材を扱っております。

株式会社アリアケ

土壌固化材・土舗装材

法面保護工、侵食防止剤

酸性・アルカリ性土壌

塩害・油汚染土壌改良材

保水材・園芸資材

防草シート・プラピン

間伐材利用工法

水質浄化・微生物剤

鳥獣害防止資材

防災ネット・高強度ネット

排水資材

消臭・殺菌・防藻

盗聴バスターズ

HOME»  ビースター

ビースター

土地を活かす

法面保護工法 → 崩壊法面の修復・復元、滑り対策・緑化の導入

河川・水路護岸工 → 護岸の保護、ビオトープ、吸出し防止・流出防止

土舗装工 → 歩径路・管理道路・林道、農道・取付け道路・広場

 

ビースター工法とは?

ビースターは、セメント改良や石灰改良の際に併用する無機系の土質改良剤です。

ビースター工法は、従来のセメント改良工法や石灰改良工法の欠点を改善した、他に類を見ない特長を持った土質改良工法です。

ビースター改良土は、セメント改良では困難な緑化の導入が図れます。

シルトや粘性土をはじめ、有機質を多く含む軟弱地盤でも、ビースター工法は、安定した土壌や固化地盤に改良するため、土の再利用が図れます。

法面保護工や崩壊法面の修復工事において、現場発生土が使用できます。

改良土は水中でも再泥化しませんので、河川の護岸にも使用出来ます。

 

ビースター工法の優れた特徴 【環境面に優れた工法です】

セメント改良工法に比べてアルカリ分の溶出が極めて少なく、周辺環境への二次公害を起こしません。

土の色を残し緑化の導入が図れるため、景観性に優れています。

現場発生土が使用出きるため、土の置き換えや骨材の搬入が不要です。

残土の発生を抑え、処理作業が軽減できます。

施工後の養生期間も短く、作業工程、工期が短縮出来るなど経済性を備えています。

土壌に含まれる有害物を溶出させないため、有害物を含む土壌の処理にも使用できます。

土壌粒子を針状結晶で連結固化するため、ミクロンオーダーのポーラス土壌になります。このため吸着性能を持ち、強い脱臭作用も備えます。

 

環境・景観性

 

経済性

 

ビースター工法の主な用途 【現場発生土を用いた土のリサイクル工法】

<崩壊法面の復旧と緑化の導入が図れます>

崩壊法面の復旧と緑化の導入が図れます

 

表層保護工法(侵食防止・侵食個所の復旧)
崩土法面の復旧工法(表層滑り・円弧滑り)
土留め擁壁工
自然石の落石防止(根固め・洗掘防止)

 

<河川護岸の改良・護岸保護・自然環境の復元>

河川護岸の改良・護岸保護・自然環境の復元

 

ダム・河川の護岸保護工法(洗掘・吸出し防止)
他自然型河川(土による河川・水路造り・水際緑化)
緑化の安定(流亡しない生育基盤層の構築)
浚渫土の有効利用(ヘドロ・底土の改良、活用)

 

<現地土を用いるため、路盤材との置換や残土処理が不用です>

現地土を用いるため、路盤材との置換や残土処理が不用です

 

林道・農道・管理道路・歩道の簡易舗装
環境保護地域の遊歩道、駐車場の簡易舗装
路盤の改良(一般道・軟弱地盤・洗掘防止)
仮設道路・イベント会場・公園の簡易舗装

 

ビースター工法の主な用途

 

(1) 路盤工事において極力現場土を活用して資源の有効利用が図れます。

(2) 土の搬出、骨材の搬入などいわゆるダンプ公害等を始めとする環境問題への負荷を軽減し、さらにアスファルト舗装が与える生態系への影響をなくします。

(3) 本工法は、現場発生土を使用して道路の上、下層路盤を建設するので、1日の施工面積が大きく、施工性に優れ、経済的に寄与する路盤の建設を行うものです。

(4) 長期的に安定した路盤を建設することが出来ます。その他、改良路盤は力学的に粘弾性に富み、偏在荷重に対して安全であり、路床への荷重分散効果が大きく、水平剛性が高まり不同沈下が起きにくい等の特長(利点)が有ります。

(5) 林道や管理道路の様に自然環境や生態系に密接した条件下にある道路の場合、「土舗装」は自然に優しい工法といえます。

(6) 高温期の路面温度の上昇を抑えると共に、ヒートアップ現象を和らげる効果があり、自然環境の保全に適した工法です。